【音ゲー】長年人気愛される「Deemo」の美しく独特な世界観とは?

今回はスマホアプリで配信されている音楽ゲームの

Deemoについて紹介していこうと思います。

 

「Deemo」2013年にリリースされて以来

長い間不動の人気を誇っています。

独特の世界観を持っており、他の音ゲーとは一線を画しております。

 

そんな「Deemo」独特の世界観とはどのようなものなのか

その魅力について解説していきます。

 

 

Deemoとは?

「Deemo」は大人気音楽ゲームCytus 製作チームの多大な貢献のもと、

『Rayarkオリジナルメンバー』が作り上げた、

新感覚の本格的なピアノの音ゲーです。

オシャレなアプリ内の仕様と、

ストーリー性を持っていること特徴となっております。

どちらかというと音ゲーらしくないかもしれません。

 

ピアノの楽曲に合わせ流れてくるノート(音符)をタップするゲームとなります。

まるで自分がピアノを弾いているような感覚

楽しむことが可能です。

 

最初に250でアプリを購入するだけで

ストーリーを最後まで楽しめる、

買い切り型ののゲームとなっております。

 

ゲームのストーリーの過程で登場する60曲の無料楽曲に加え、

計220曲を超える曲が収録されています。

 

Deemoの魅力とは?

多くの人を惹きつける「Deemo」の魅力について解説していきます。

独特の世界観と充実のストーリー性

空から舞い降りてきた記憶が無い「女の子」と、

1人お城の中でピアノ奏でる孤独で

不思議な存在の「Deemo」との出会いです。

「Deemo」はその女の子を元いた世界に戻してあげるために、

ピアノの演奏により伸びていく木を見つけます。

 

謎の「女の子」はとてもかわいらしくて魅力的で、

このゲームの世界観にぴったりな存在です。

 

ゲームを進行していくにつれて「少女」の謎

「Deemo」は誰であるのかということが、

だんだんと明かされていきます。

単にプレイするだけでなく

ストーリ―も興味深くなっており楽しむことが可能です。

 

ゲームは「オープニングムービー」から開始します。

ムービーから開始するというのはなかなか珍しく、

一気に世界観に引き込まれていきますね!

 

ゲームの流れ

ゲーム難易度はEasy・Normal・Hardの三種類の中から選択できます。

難易度を選んだ後は「ノートの速さ」を選びます。

これはゲームのスコアに関係することはないので、

ゲームをプレイしていくうちに、

自分に合ったものを見つけて、選択しましょう。

 

手前の黒い線にノートがきた時にタップすることで

ピアノの音が奏でられます。

 

ノートの種類は2つです。

1つ目は単にラインに来た時にタップする「黒いのノート」です。

「黒いノート」と「白いノート」があり

「黒いノート」はピアノの音に割り振られ

「白いノート」はピアノ以外の音に割り当てられています。

2つ目は「スライドノート」で、

指でなぞっていく形のノートとなります。

タップをすることも可能です。

判定は「charming hits」

「可もなく不可もないタップ(名前はない)」

「miss」の3種類がございます。

「miss」をしてしまうとコンボが途切れてしまいます。

 

コンボの回数と成功した回数が加味され、

スコアがパーセント表示されます。

だいたい60%ほどで曲はクリアになります。

 

曲をクリアしていくことでそのスコアに応じて、

だんだん樹が成長していきます。

樹が成長していくと物語が進行していき

新たなストーリーが視聴できたり

行動可能な範囲が増えたり

曲が解放されていきます。

 

また画面内の部屋の色々なところをタッチして、

新しい曲を獲得することも可能です。

飽きることのない多様な楽曲

多くの人を惹きつける「Deemo」の魅力の一つ

楽曲のレベルの高さだと思います。

「Deemo」の物語は感動的で儚いものとなっていますが

登場する楽曲は多種多様です。

「Deemo」はピアノを演奏するゲームですが

ピアノの範疇に収まることはございません。

 

世界観に合うようなピアノでの儚げな曲から

テクノと融合されたアップテンポな曲

ジャズまで色々なジャンルの曲が存在し、

ピアノがフィーチャーされたオリジナルの曲となっております。

 

色々なジャンルが登場するので

飽きることなく遊び続けることができますね。

 

楽曲ごとにプレイ画面に美しいイラストが描かれております。

歌詞や曲調にはストーリーとの関連性を伺えるところも存在します。

 

快適な操作性

「Deemo」の操作性はスマホの画面に合わせ、

プレイしやすいように工夫が凝らされております。

 

奥から譜面が流れている形でタップの位置とタイミングは、

多少の猶予があり判定はゆるめになっております。

初心者の方でも難しすぎるということはないと思います。

 

ノートの配置が低い音は左側、高い音は右側に

流れてくるようになっています。

 

ただのタッチパネルであるのに、

実際にピアノを演奏しているかのような感覚

体験することが可能です。

 

まとめ

長い間愛されている音楽ゲームである

「Deemo」の世界観や魅力、遊び方について

簡単に紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

 

実際に触れてみるのが一番いいかと思います。

難易度もちょうど良いくらいなので

初心者の方でも音ゲー好きの方でも

一度は体験してみる価値のある作品になっております。

 

是非「Deemo」の多種多様な楽曲、独特の世界観を体験して、

ゲームの幅をちょっぴり広げてみましょう。

 

おすすめの記事